入所療育

入所療育

肢体不自由児や重症心身障害児に対して、医学的リハビリテーションや整形外科的手術療法など適切な医療を受けることによって身体機能の向上維持の見込みがあると当センターの医師に診断された場合、あるいは児をとりまく社会的環境などで入所療育が必要と判断された場合が入所の対象となります。病棟では、医師・看護部・生活指導部・リハスタッフが医療的管理や個々の発達段階に必要な指導・援助・リハビリテーションを行ないます。また、健康維持・増進のため栄養科による食事形態や水分補給の工夫を積極的に行なっています。このように病棟では、個々の個性を大切にした総合的な療育を目指しています。

南病棟

南病棟には、肢体不自由児及び重症心身障害児が入所しています。入所児童は歩行能力の向上や自立の為に必要な個々の目標に合わせた治療・訓練を受けながら病棟で生活しています。看護部・指導部(児童指導員・保育士)は、入所児の健康管理に留意しながら余暇指導・生活指導を行い、訓練や学習の成果が生かされるよう援助しています。歩行訓練を中心としたリハビリテーションを集中的に行なうことを目的とした、2~3ヶ月の短期集中訓練入所も行なっています。

minami

 

東病棟
東病棟は重症心身障害児の専門病棟で、体力がなかったり医療的なケアが必要な入所児が多く、療育の中での医療が占める割合が大きくなってきています。時間医療的ケアが必要な入所児であっても、適切なリハビリテーション・生活指導・教育・保育などを、児の持っている能力を最大限発揮できるよう、健康管理は勿論の事、個々人に合わせた生活時間を設定するなど努力・工夫をしています。

higashi

東病棟(親子入所)
 約1ヶ月の間、母子共に入所していただき、医師による診断を受けながら、午前中は訓練士による個別の機能訓練と専任保育士による母子保育を受け、午後は学習会・その日の復習とまとめ・自主訓練などに取り組んでいただいており、必要な例には筋の緊張を弱め訓練効果を高めるために、低出力レーザー治療も実施しています。お母さん(療育者)に訓練のやり方・遊ばせ方・子育てについて学んでいただき、お子さんの成長発達を理解して受けとめていただくとともに、1ヶ月間の親子入所を通して習得した療育に必要な知識・技能を家庭でも生かせるようになっていただくことが、親子入所の目的と考えます。

oyako 金曜日17:15~月曜日8:30までは病棟を閉鎖しており、週末帰省にご協力いただいています。また、集団生活のため感染流行を防止する目的で、お子さんが発熱した場合は自宅での療養となりますので、入所期間中の車や鉄道等の移動手段確保が必要になります。

【地元病院主治医からのお手紙】

【入所療育を希望される方へ】
入所療育を希望される方の診察は、診察予約をお願いしております。詳しくは医療相談室までお問合せください。
医療相談室:電話0266-27-3227(直通)